DokuWiki

It's better when it's simple

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

この翻訳は元のページよりも更新日が古く、内容が古い可能性があります。 変更点を参照して下さい。
このページの翻訳?:

DokuWiki について知る

開発

法人利用

我々のコミュニティ


FacebookTwitterや他のソーシャル・ネットワークからフォローしてください。

ja:plugin:revert

Revert Manager プラグイン

互換性のある DokuWiki バージョン

(bundled)

plugin 最近の編集をまとめて復元します (DokuWiki に同梱されています)

種類
Admin

このプラグインでは、スパム被害を受けたページのリビジョンをまとめて復元することができます。

ダウンロードとインストール

このプラグインは DokuWiki に同梱されており (少なくとも 2007-06-26 から)、別途インストールする必要はありません。

利用方法

復元管理は管理画面からアクセスできます (ログインして「管理」ボタンをクリックし、「復元管理」を選択してください)。

まずスパム被害を受けたページを見つけるために検索文字列 (例: スパムの URL) を入力し、見つかったページが本当にスパム被害を受けたページなのかどうかを確認してから編集内容を復元してください。

復元管理へのアクセス権限は、マネージャースーパーユーザーに与えられます。

以下に、ステップバイステップで例を示します。

  1. 検索文字列として 'Spam' を入力します (大文字小文字を区別します)。
  2. 'Spam' という文字列を含むページの一覧が、変更履歴や以前のリビジョンと同じ形式で表示されます。
  3. 各ページには、どのページを復元するかを制御するためのチェックボックスが添えられています。
  4. 差分ボタンを使用してページがスパム被害を受けたかどうかを手作業で確認し、必要があればチェックボックスのチェックをはずしてください。
  5. 「選択されたページの復元」ボタンを押してください。
  6. チェックを入れられたすべてのページが、与えられた 'Spam' というスパム用語を含まない最新のバージョンに復元されます。

ヒント: もし誰かがたくさんのページを削除した場合は、検索文字列を入力せず単純に「検索」ボタンを押してください。

開発

ソースコード

ソースコードは、Git から取得できます。

バグ

バグや機能の要望などは、DokuWiki のバグトラッカーに投稿してください。

議論

英語版のページを参照してください。

ja/plugin/revert.txt · 最終更新: 2010-01-11 19:04 by kazmiya