DokuWiki

It's better when it's simple

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

この翻訳は元のページよりも更新日が古く、内容が古い可能性があります。 変更点を参照して下さい。
このページの翻訳?:

DokuWiki について知る

開発

法人利用

我々のコミュニティ


FacebookTwitterや他のソーシャル・ネットワークからフォローしてください。

ja:plugin:changes

変更履歴プラグイン

互換性のある DokuWiki バージョン

2008-05-05, Lemming, Anteater, Rincewind, Angua, Adora Belle, Weatherwax, Binky,Ponder Stibbons, Hrun, Detrius

plugin wiki の直近の変更を一覧表示する。

最終更新日
2016-01-24
種類
Syntax
リポジトリ
ソース

この拡張は二年以上更新されていません。もはや維持管理や対応がされておらず、互換性に問題がある可能性があります。

類似 querychangelog, recent

タグ changelog, listing

このプラグインを使用すると、任意のページに簡単な一覧として、直近の変更一覧を埋め込むことができます。

ダウンロードとインストール

A CosmoCode Plugin

拡張機能管理を使用して、プラグインのダウンロードとインストールします。 プラグインの手動インストールは、プラグインを参照して下さい。

構文と使用方法

以下の構文で一覧を作成します:

{{changes>}}

表示する変更履歴の範囲と一覧の表示方法を数種類のパラメータで指定できます。 デフォルトでは、プラグインはwiki全体の変更履歴を表示します。 名前空間とそのサブ空間を指定して変更履歴一覧を制限するには、直接か ns パラメータを使用して名前を指定します:

{{changes>foo}}
{{changes>ns=foo}}

ns パラメータは、名前空間の包含と除外の両方に対応します。 名前空間名がマイナス記号で始まっている場合、その名前空間を除外します。 カンマ区切りで複数の名前空間を指定できます:

{{changes>ns = -foo}}
{{changes>ns = foo, bar, -bar:baz}}

最初の例は、“foo” を除いた全ての名前空間の変更履歴を表示し、次の例は、“bar:baz” サブ名前空間を除いた “foo” “bar” 名前空間が含まれます。

一覧に表示する変更履歴数は count パラメータで制御します(デフォルトは 10 件)。 件数は単純に数字としても指定可能です:

{{changes>15}}
{{changes>count=15}}

一覧に表示される変更履歴の種類も制御できます。 デフォルトでは、全種類を表示するが、type パラメータによって指定された種類で表示する変更履歴を制限します。 対応している種類は、createeditminordeleteです。 カンマ区切りで複数の種類を指定できます:

{{changes>type = create}}
{{changes>type = edit, minor}}

user による抽出もできます。複数ユーザーはカンマ区切りです:

{{changes>user = rauschen}} 
{{changes>user = rauschen, andi}}

古さによる抽出もできます。秒単位で最大の古さを指定します(又は設定でデフォルト指定します)。

{{changes>maxage = 500}}

変更履歴は、単純な一覧(デフォルト)又はページ一覧プラグインを利用した表示ができる。 別途ページ一覧プラグインをインストールする必要があります。 出来ない場合は、単純な一覧を代替で使用します。 “render” パラメータで表示方法を選びます:

{{changes>render = list}}
{{changes>render = pagelist}}

表示方法には追加パラメータ(別名:フラグ)があります。括弧内にカンマ区切り一覧として記入できます:

{{changes>render = list(signature)}}
{{changes>render = pagelist(header, nouser)}}
{{changes>ns = foo,  bar, -bar:baz&render = pagelist}}
{{changes>​type = create&​render = list(dayheaders,​signature, nocomments, nouser)}}

組込みの一覧表示は以下のパラメータに対応します:

  • summary, nosummary — 変更概要の表示・非表示
  • signature, nosignature — ユーザー名と変更日時の表示・非表示
  • dayheaders — 見出し(変更日付)による変更履歴のグループ分け
  • ​nocomments​ — 議論プラグインがインストールされている場合、コメント数を非表示
  • ​nouser​ — 一覧内のユーザー列を非表示
  • ​nodesc​ — 説明を非表示(ページ一覧プラグインがインストールされている場合)

デフォルトでは、変更概要だけを表示します。 ページ一覧プラグインが対応するパラメータの一覧は、該当のマニュアルを参照してください。

プラグインに複数のパラメータを与える場合、アンパサンド区切りにします。例えば:

{{changes>foo&15&type=create&user=rauschen}}

上記の構文は、ユーザー rauschen の作成した、名前空間 “foo” 内の最新 15 ページを表示します。

注意:プラグインはアクセス制御リストのアクセス権を尊重しますが、新しい変更履歴が作成されるまで、ページ内に出力がキャッシュされます。 アクセス制御リストに依存した変更履歴を表示する場合、このプラグインを使用するページ内で ~~NOCACHE~~ を使用して下さい。

開発

公開 git リポジトリは以下にあります: https://github.com/cosmocode/changes

変更履歴

バグと機能要望

以下のバグ追跡システムで問題を報告して下さい: https://github.com/cosmocode/changes/issues

ja/plugin/changes.txt · 最終更新: 2016-06-15 09:13 by sawachan