DokuWiki

It's better when it's simple

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

この翻訳は元のページよりも更新日が古く、内容が古い可能性があります。 変更点を参照して下さい。
このページの翻訳?:

DokuWiki について知る

開発

法人利用

我々のコミュニティ


FacebookTwitterや他のソーシャル・ネットワークからフォローしてください。

ja:plugin:authplain

テキスト認証プラグイン

互換性のある DokuWiki バージョン

Weatherwax

plugin テキストファイルを使用するデフォルトの認証機構

最終更新日
2014-07-01
種類
Auth
リポジトリ
ソース

タグ !bundled

概要

このプラグインは、ユーザー情報やパスワードを格納するために conf/users.auth.phpテキストファイルを使用します。 パスワードは一方向暗号化(別名:ハッシング)を使用して保存します。

これがデフォルトの認証バックエンドです。

使用法

設定管理から他の認証プラグインを設定しない場合、この認証がデフォルトになります。

スーパーユーザーでログインし、「管理」リンクをクリック、「サイト設定」を選択、「認証」セクションにて、 設定項目: authtypeauthplain に設定するとこのプラグインが有効になります。

「設定管理」での変更に対する設定の保護のために、設定内容を conf/local.protected.php ファイルにコピーしてください。

ユーザーとグループの管理はユーザー管理で行い、このプラグインは完全に対応しています。

設定

設定項目: authtypeauthplain を選択することで、バックエンドは有効になります。

他にも利用可能な認証関連設定があります。

記録

ファイル形式

空行と # 文字の後ろ全ては無視されます。 各行には、コロン区切りの五項目 ログイン名:パスワード:氏名:メールアドレス:グループ があります:

  • ログイン名 - ページ名として有効でなければなりません。
  • パスワード - 暗号化されたパスワード。暗号化方式は設定項目: passcrypt で設定できます(DokuWiki は使用する暗号化方式を自動検出します)。
  • 氏名 - ユーザーの氏名
  • メールアドレス - ユーザーのメールアドレス
  • グループ - ユーザーが所属するグループのカンマ区切り一覧。グループ名はページ名として有効でなければなりません。

文字列からMD5ハッシュ値を作成するために、encode/decode スクリプトを利用できます。 遥かに優れた DokuWiki の組み込み関数によって、このスクリプトは非奨励となり、懐かしさのためだけにここに格納します。

例:

andi:ece23254502f07722a98aa5b7c70baa6:Andreas Gohr:andi@splitbrain.org:admin,users,upload

編集

conf/users.auth.php はテキストファイルなので、任意のテキストエディターで編集できます。

ja/plugin/authplain.txt · 最終更新: 2014-10-06 01:45 by sawachan