DokuWiki

It's better when it's simple

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

この翻訳は元のページよりも更新日が古く、内容が古い可能性があります。
このページの翻訳?:

DokuWiki について知る

開発

法人利用

我々のコミュニティ


FacebookTwitterや他のソーシャル・ネットワークからフォローしてください。

ja:devel:environment

環境

このページは、プラグインテンプレートの開発において利用可能な変数と定数について概観を提供します。

グローバル変数

$ACT

現在の動作を保持します。動作モードを参照してください。(参照

$auth

グローバルに利用可能な $auth オブジェクトは、使用されている認証バックエンドのインスタンスを表します。(参照

$conf

グローバルに利用可能な $conf 配列は、すべての DokuWiki の構成設定を保持します。一般に次のような構造に従います:

  • $conf[<setting_name>] — DokuWiki 設定(config 参照)
  • $conf[<setting_group>][<setting_name>] — DokuWiki 設定の一部はこのフォーマットを使用(例: ftp, proxy, target 設定)
  • $conf['tpl'][<template_name>][<setting_name>] — テンプレートの構成設定。テンプレートのドキュメントを参照。
  • $conf['plugin'][<plugin_name>][<setting_name>] — プラグインの構成設定。プラグインのドキュメントを参照。
  • $conf['auth'][<auth_name>][<setting_name>] — 認証バックエンド設定。認証バックエンドのドキュメントを参照。

通常は、この配列に直接アクセスする必要はありません。プラグインもテンプレートも、それぞれの構成設定にアクセスするためのメソッドを持っています。

参照

$ID

現在生成されているページのページ名を保持します。このページは通常は現在表示されているページですが、常にそうではありません。以下の $INFO['id']] を参照。(参照

$INFO

これは連想配列で、inc/common.php の関数 pageinfo() によって生成された情報が格納されます。

現在の要素は:

  • id — 現在表示されている主ページのページ名。通常は $ID と同じですが、異なることもあります。詳細は 1320 参照。
  • rev — 現在表示されている主ページのリビジョン。通常は $REV と同じ。
  • userinfo — ログイン済ユーザの場合のみセットされる連想配列…
    • pass — 暗号化されたパスワード
    • name — フルネーム
    • mail — メールアドレス
    • grps — 所属しているグループ(配列 :!:
    • buid — ユーザのブラウザとIPアドレスから生成される特殊なID
  • perm — 現在のページ($ID)に関連したユーザのパーミッション
  • subscribed — ユーザがこのページを購読している場合に真、それ以外で偽
  • namespace — 現在のページ($ID)が属している名前空間
  • locked — ページがロックされていれば真、そうでなければ偽
  • filepath — 現在のページ($ID+$REV)の生のwikiデータへのファイルシステムパス
  • exists — 現在のページ($ID+$REV)の生のwikiデータが存在すれば真、それ以外で偽
  • rev — 現在のページ($ID)のリビジョンID。現在のリビジョンの場合は空文字列
  • writable — 現在のページ($ID+$REV)に対して、ファイルの存在、ファイルのパーミッション、ユーザのACLパーミッションの組合せによって、存在しているファイルへの書込みあるいは存在しないファイルの作成が許可されているならば真。そうでなければ偽。
  • editable — 現在のページ($ID+$REV)が書込み可能で、かつ現在ロックされていなければ真。
  • lastmod — 現在のページ($ID+$REV)に対する最終修正のタイムスタンプ
  • meta — 現在のページ($ID)のメタデータ
  • ip — 現在のページ($ID+$REV)の最終編集者のIPアドレス
  • user — 現在のページ($ID+$REV)の最終編集者のユーザ名
  • sum — 現在のページ($ID+$REV)の編集サマリー注釈
  • editor — 現在のページ($ID+$REV)の最終編集者のユーザ名(またはユーザ名が不明ならばIPアドレス)
  • isadmin — 現在ログインしているユーザがスーパーユーザならば真
  • ismanager — 現在ログインしているユーザがマネージャーならば真
  • draftドラフトファイルが現在のユーザとページに存在するならば、そのファイル名
  • ismobile — ぺージがモバイル機器や携帯電話からブラウズされていれば真 開発版限定

$lang

インターフェース、プラグイン、テンプレートのすべての翻訳文字列を保持する連想配列です。(参照

$REV

現在生成されているページのリビジョンタイムスタンプを保持します。fase ならば最新のページであることを意味します。(参照

$_SERVER['REMOTE_USER']

この変数は、ユーザがログインしたとき、DokuWiki の認証メカニズムによって明示的にセットされ、ユーザ名を保持します。

$TEXT

このグローバル変数は savepreview の際に、編集フォーム経由で送信されたテキストを保持します。(参照

$TOC

この変数は、中身があれば、tpl_toc() がページの TOC を構築するのに使われます。通常はこの変数は空で、tpl_toc() はページのメタデータから TOC を構築します。(参照

$USERINFO

グローバルに利用可能な連想配列で、認証されたユーザの情報をいくつか保持します。

  • pass - ユーザのパスワードのハッシュ
  • name - ユーザのフルネーム
  • mail - ユーザのメールアドレス
  • grps - ユーザが所属するグループの配列

参照

定数

以下は最も重要な定数のリストです。

AUTH_<*>

AUTH_<*> 形式の定数は DokuWiki の ACL システムで使用されるパーミッションのレベルを整数値として表します。これらを用いると、与えられたページ名前空間ACL チェックを若干読みやすく表現することができます。

if (auth_quickaclcheck($ID) >= AUTH_READ) {
    // 何かを実行
}

AUTH_NONE

AUTH_READ

AUTH_EDIT

AUTH_CREATE

AUTH_UPLOAD

AUTH_DELETE

AUTH_ADMIN

  • 型: Integer
  • 値: 255

DOKU_<*>

DOKU_<*> 形式の定数は、DokuWiki の内部で使用する種々のシステム情報を保持します。

DOKU_BASE

インストールされた DokuWiki の URL ベース。(参照

/dokuwiki/

DOKU_CONF

インストールされた DokuWiki のサーバ上での設定パス。(参照

/var/www/dokuwiki/conf/

DOKU_INC

インストールされた DokuWiki のサーバ上でのインクルードパス。(参照

/var/www/dokuwiki/

DOKU_TPL

現在使用されているテンプレートの URL ベースパス。(参照

/dokuwiki/lib/tpl/<template>/

DOKU_TPLINC

現在使用されているテンプレートのサーバ上でのインクルードパス。(参照

lib/tpl/<template>/

または、canonical がセットされている場合は:

http//domain.org/lib/tpl/<template>/

DOKU_URL

インストールされた DokuWiki の絶対 URL (base の方が好ましい)。(参照

ja/devel/environment.txt · 最終更新: 2008-11-20 14:26 by 61.214.58.166