DokuWiki

It's better when it's simple

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

この翻訳は元のページよりも更新日が古く、内容が古い可能性があります。 変更点を参照して下さい。
このページの翻訳?:

DokuWiki について知る

開発

法人利用

我々のコミュニティ


FacebookTwitterや他のソーシャル・ネットワークからフォローしてください。

ja:config:passcrypt

設定項目: passcrypt

パスワードは、常に暗号化されたハッシュとして保存すべきです。DokuWiki は様々なハッシュ関数をサポートしており、この設定項目ではどのハッシュ関数を利用するかを設定します。ここでどの関数を選択するかは、セキュリティの必要性や、既存の認証データベースを使い回したいかどうかで変わってきます。DokuWiki は、暗号化されたパスワードの文字列を解析することにより、そのパスワードがどのハッシュ関数で生成されたものかを決定できるため、あなたの認証バックエンドがサポートする限り、このハッシュ関数の設定はいつでも変更することができます。

Salt 値を使用するハッシュ関数を利用する場合は、ユーザに対して最初にパスワードが割り当てられる際、およびユーザがパスワードを変更する度に、ランダムな Salt 値が生成されます。この Salt 値はパスワードとともに保存されます。DokuWiki が Salt 値を適用できるかどうかは、使用されている認証バックエンドに依存します。

利用できるハッシュ関数は以下の通りです。

設定値 説明
smd5 Salted MD5 によるハッシュ化
md5 MD5 によるハッシュ化 (以前のリリースでのデフォルトでした)
apr1 Apache スタイルの Salted MD5 によるハッシュ化
sha1 SHA1 によるハッシュ化
ssha Salted SHA1 によるハッシュ化 (LDAP などで使用されます)
crypt Unix の crypt コマンドによる暗号化
mysql MySQL バージョン 4.1.1 未満で使用されるパスワード形式
my411 MySQL バージョン 4.1.1 以降で使用されるパスワード形式
  • 型: 文字列
  • デフォルト値: smd5

関連項目

ja/config/passcrypt.txt · 最終更新: 2009-11-29 10:08 by kazmiya