DokuWiki

It's better when it's simple

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

この翻訳は元のページよりも更新日が古く、内容が古い可能性があります。 変更点を参照して下さい。
このページの翻訳?:

DokuWiki について知る

開発

法人利用

我々のコミュニティ


FacebookTwitterや他のソーシャル・ネットワークからフォローしてください。

ja:plugin:config

設定管理プラグイン

互換性のある DokuWiki バージョン

(bundled)

plugin Wiki の設定を管理します(DokuWiki に同梱されています)

種類
Admin

概要

設定管理画面 - 項目の背景色:青 = デフォルト、白 = 固有の変更、薄赤 = 保護設定 設定管理によって、wiki の管理者は、使い慣れた Web ブラウザから快適にオンラインで wiki の設定を簡単に変更することができます。 このプラグインでは DokuWiki の基本的な設定とインストール済みのプラグインと現在使用中のテンプレート設定を管理します。

使用方法

設定管理は、管理者メニューからアクセスできます。 スーパーユーザとしてログインし、「管理」をクリック、「サイト設定」を選択してください。

現在の状態を強調するために、各設定は異なる背景色で表示されます。

  • 青い背景はデフォルト値(conf/dokuwiki.php)です。ユーザーは値を変更していません。
  • 白い背景はローカルで変更された値(conf/local.php)です。
  • 薄い赤の背景は変更できない保護された設定(conf/local.protected.php)です。

必要に応じて設定を変更した後で、ページ下部にある「保存」ボタンを使用するか、テキストボックスで 'Enter' キーを押すか、ブラウザのアクセスキー<accesskey> + S を使用して変更を保存します。

設定の保存方法

変更した設定を保存する際、このプラグインは現在のローカル設定ファイル(conf/local.php)を conf/local.php.bak にコピーし、更新後の設定を conf/local.php に保存します。 conf/dokuwiki.php に保存されているデフォルト設定は一切変更されません。 しかし、DokuWiki の設定の説明通り conf/local.php 内の全ての設定がデフォルト設定を上書きします。

conf/local.php を更新する際には、以下のような行が一番上に追加されます:

conf/local.php
/*
 * DokuWiki's Main Configuration File - Local Settings 
 * Auto-generated by config plugin 
 * Run for user: <username>
 * Date: <current date/time, rfc 2822 format (day, dd MMM YYYY hh:mm:ss TZ)>
 */

設定の保護

特定の設定を conf/local.protected.php(ファイルがない場合は作成する)に記載することで、その内容を保護できます。

デフォルトでは、DokuWiki は以下の順序で設定ファイルを読み込みます:

  1. conf/dokuwiki.php
  2. conf/local.php
  3. conf/local.protected.php

この方法によって、conf/dokuwiki.phpconf/local.php が設定した値を conf/local.protected.php の保護された設定値で上書きすることを保証しています。 conf/local.protected.php に存在する設定は、保護状態を示すために薄い赤で囲まれて表示されます。 保護された設定値の編集は無効化されています。

2009-02-14 リリース以降の DokuWiki では、設定ファイルの読み込み順はグロバル変数 $config_cascade で制御されます。

conf/local.protected.php
<?php
/**
 * Protected settings
 * Do override DokuWiki default settings and local settings from Config Manager
 */
$conf['useacl'] = 1;
2008-05-05 リリース以前

2008-05-05 リリース以前は、保護された設定値を読み込むために conf/local.php ファイルの末尾に以下のような行を追加していました。

@include(DOKU_CONF.'local.protected.php');

ファイルの権限

設定データが保存できるためには、設定ディレクトリと同様に conf/local.php ファイルの権限が Web サーバから書き込み可能であることが必要です。 それぞれのシステムでのファイル権限の設定方法については、ファイルの権限設定を参照して下さい。

プラグインが設定ファイルに書き込めないと判断した場合、ページ上部に以下のようなメッセージボックスが表示されます

“設定用ファイルを更新できません。もし意図して変更不可にしているのでなければ、ローカル設定ファイルの名前と権限を確認して下さい。”

この状態では、「保存」ボタンが表示されません。

ja/plugin/config.txt · 最終更新: 2013-10-25 22:50 by 125.55.214.60